本日の質問にお答えします〜「干物にもアニサキスっているんですか?」

干物のこと など comments(0) - やまいち

「干物にもアニサキスっているんですか?」

 

本日弊社に質問があったのでお答えします。

 

「干物にもアニサキスがいることもあります。」

 

「但し、アニサキス症には決してなりません!!」

 

「なぜなら、干物は焼いてたべるからです。

 

!!アニサキスは熱を加えると死滅します!!

 

ですので安心してお召し上がり下さい手

 

 

干物は太古の昔から存在した調理法です。

昔は食べ物というのは常にリスクがありました。

 

それが゛毒゛であったり

゛寄生虫゛であったり

゛腐敗゛であったり

但し、食べなければ餓死するので

そのリスクを軽減するために

色々な方法がとられてきたのです。

 

それが゛毒゛であれば

食べないという選択をするのですが

 

今回のような゛寄生虫゛に対しては

’を加える。

つまりは「焼いたり」「煮たり」して

食べれば寄生虫は死滅しますので

大丈夫だということです。

凍結する。

昔は冷凍庫が無かったので

出来るところは限られていますが

北海道で食べられている「ルイベ」は

この方法で寄生虫を殲滅して生で食べています。

 

ちなみに゛腐敗゛については

’を加える。

私の小さかった頃には

「熱を加えれば食べられる神話」

がありましたアセアセアセアセ

食べるものも少なかった時代で

さらには「賞味期限」などという

言葉が無かった時代ですから

【賞味期限は平成7年からです!】

いわゆる「もったいない」という

言葉が全盛を極めていました。

ちょっと古くなった【かなり古くなった?】

肉や魚でも煮たり焼いたりして

食べてましたね。

肉なのか魚なのか分からない塊が

入った「カレー」なんかもありましたよあせ

 

また、それでも腐敗するんです!!

ただし、色々なモノを食べていると

本当に腐敗した食べ物は舌が気づいてくれるんです電球

なんかちょっと゛酸っぱかった゛り゛苦みがあったり゛

その時は「しょうが無いから捨てようか」となります。

 

乾燥させる。

水が無ければ腐らない。

これを太古の昔の人は気づいたんですね!!

凄いです拍手

所謂「干物」がこれです。

干物といっても魚だけじゃ無く、

「干ししいたけ」

「干しわかめ」

「切り干し大根」など

色々な物を乾燥させて保存して起きました。

 

アニサキスの話から

少々長くなってしましましたが

干物は乾燥させて焼いて食べるので

かなり安全な食べ物で

さらには毎日の様に食べても

意外と飽きず、さらには美味い!!

 

是非食べてみて下さいねグッド

無料ブログ作成サービス JUGEM